体がまだ元気な内に行う生前整理とは|今後のことを考えて行う

将来のための備え

和室

体が健康なうちに

遺品整理という言葉を耳にしたことのある人もいるのではないでしょうか。故人の荷物を整理することなのですが、死んだ後に自分の荷物の整理を他人に任せるのではなく、自分で整理をしようというのが生前整理になります。生前整理で重要なことは、自分の体が元気なうちに整理を行うということです。高齢になれば誰でも体が思うように動かなくなるため、片づけをしたくても体が動かなくてできないということにもなってしまいます。まだ早いと思っていても、生前整理は体が元気なうちに行っておくことが重要であり、それは不用品を処分することにはじまり、通帳や保険証書などの貴重品をまとめておくこと、遺書を用意しておくことなども含まれています。

捨てる事だけではない

生前整理は、自分が死んだ後に家族や身内の人に見られても恥ずかしくないような状態に整理をしておくということであり、不要品を捨てて身の回りをすっきりとさせておくということも非常に重要なことです。自分が死んだら、どうしても家の中の荷物の整理は他の人にしてもらうことになります。その時に、散らかっていればだらしがないように思われてしまいまいますが、きれいに整理するとなっても何でもかんでも捨ててしまうというのは良くありません。自分はこれから先も長生きする可能性もあり、思い出の品がない中で生活をするとなれば非常にさみしいものです。必要なものはきちんと整理して、必要のないものは正しく判断をして処分することが重要です。

段ボール

近年よく耳にする終活

最近、生前整理などの終活に関する言葉をよく耳にするようになってきました。この要因は、核家族化や高齢化社会などの、社会情勢の変化が大きく関係しています。高齢化世帯が多い現代社会では、生前整理などの終活は今後も活発になっていくでしょう。

男の人と女の人

様々な効果がある終活作業

生前整理は残される家族への思いやりや、自分が生きてきた証の整理でもあります。家族が故人の死後に片づける手間を減らせることから積極的に活用されています。まだ行っていない皆さんは、生前整理も検討してみると良いでしょう。

ダンボール

遺族に待っている遺品整理

生前整理には自分の死後の相続争いを防止する役割も果たします。自分で財産や物などをきちんと把握して遺言書などに残しておくことで、家族が争うこともなくなります。ですから、生前整理も含めて終活するとよいです。

このエントリーをはてなブックマークに追加