体がまだ元気な内に行う生前整理とは|今後のことを考えて行う

  1. ホーム
  2. 様々な効果がある終活作業

様々な効果がある終活作業

男の人と女の人

負担を減らす思いやり

最近、生前整理を行う高齢者の方が増えていると、メディアなどでよく耳にすることがあります。生前整理とは、漠然と自分が生きているうちに身の回りの物を片付ける様なイメージをされている方が多いと思いますが、具体的な意味をご存知の方は少ないのではないでしょうか。生前整理の大きなポイントは自身の手で身辺整理を行う事で、自身の死後に遺族となる家族が直面する遺品整理などの負担を、生前に行う事で遺族の負担を減らす事ができます。遺族は葬儀や遺品整理などを、悲しみにくれている中で行わなければなりませんが、その遺族となる残した家族の負担を少しでも減らしてあげたいと、思われる方が生前整理などの終活を行う傾向があります。

残りの人生を有意義に

生前整理は自身の死後に、残した家族の負担を少しでも減らしたいと思われて行うほかにも、残りの人生を有意義に過ごす為に行う場合もあります。自身が元気なうちに、少しずつでもいいから身の回りの荷物などを片付けながら、自分の生きてきた人生を振り返りつつ、残りの人生をどの様に有意義に過ごしていくかを考えるきっかけ作りにもなります。自身の今後の人生の生き方と死後の家族の負担を軽減させるなど、生前整理には様々な意味や効果が期待できます。また、生前整理をする機会として、現在住んでいる家では大きすぎるので適当な広さの家に引っ越したい時や、老人ホームに入所するので家を売却する場合などの身の回りの整理も生前整理になります。

このエントリーをはてなブックマークに追加